本文へジャンプ

施工メニュー

耐震・防犯対策

ハクヤの耐震対策

外壁リフォームをお考えの方へ

メンテナンス現在の新耐震基準に建築基準法が改正されたのが昭和56年。
それ以前に建てられた家屋や、老朽化と共にシロアリ被害によりひどく腐食している場合は耐震性に問題があるかもしれません。

住まいを地震から守るため、第1ステップとして耐震診断を受けることをお勧めします。
その耐震診断の結果に基づき「屋根」「壁」「接合部」を効果的に改修する耐震補強工事をご提案いたします。

ご要望に応じ、その他にも地盤沈下対策としてのベタ基礎の施工、筋交いの追加やシロアリ消毒などなどお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

外壁リフォームは、耐震補強のまたとないチャンス!

建物のリフォームや改修は、中古住宅の美観の向上・家族構成の変化などさまざまですが、 それ以上に、やはり住宅の構造補強も捨てきれません。
実際の補強方法としては、改正基準法の規定に準じた構造補強が望まれます。

そこで・・・↓ 木造軸組、中古住宅の柱頭柱脚接合部の耐力不足を補う新しい工法「ARS工法(アルス)」 をお勧めいたします。

このページの先頭へ

なぜ中古住宅の外壁リフォーム時に!!

チャンスな理由:外壁リフォームと耐震補強を別々にやると高くつく…?

外壁工事だけの為に、足場を組むのもはもったいない。
わが家の耐震力に、ちょっと不安を感じているなら
↓

ARS工法の信頼性

信頼性 ARS工法は信頼できるの?ARS工法は、住宅の状況を建築士が見極め、判断し、状況にあった補強を行う工法です。
もちろん工法自体も建設大臣認定(現国土交通省)の「建築物等の保全技術・技術審査証明」を 取得している信頼できる工法なんです。

ARS工法の予算

予算:予算が心配だわ…ARS工法では、取付位置をきちんと確認し、最適な位置へ必要な数だけ施工しますので、納得の安心価格です。
その為、理由の説明も無く高額な請求をすることはございません。

ARS工法の材料

材料:どんな工事をするの?ARS工法は、住宅の状況を建築士が見極め、判断し、状況にあった補強を行う工法です。
もちろん工法自体も建設大臣認定(現国土交通省)の「建築物等の保全技術・技術審査証明」を 取得している信頼できる工法なんです。

ARS工法の工期

工期:工事期間はどのくらい?ARS工法は、簡単・短工期で、もちろんご家族が居ながらにして施工が可能です。
外壁リフォームと同時に行う場合、(外壁工事 + 約2~3日)で工事ができます。

このページの先頭へ

ARS(アルス)工法の施工

ARS(アルス)工法の施工

このページの先頭へ

ARS(アルス)工法の施工要領

ARS(アルス)工法の施工要領

このページの先頭へ

ハクヤの防犯対策

セキュリティハクヤは、入退去後の鍵の交換や、窓の鍵交換の交換もハクヤスタッフにおまかせください。

主な内容として、防犯カメラ・センサーライトの設置、サッシやドア・ガラスなどの防犯対策工事についても御対応させていただきます。

また、「住戸」「建物」「敷地」の防犯対策の他に、きめ細やかなセキュリティサービスを提供する セコムホームセキュリティとの
協力など、万が一の備え安心な防犯設備をご提案いたします。

住戸のセキュリティ 防犯合せガラス、主錠・補助錠・各室窓、インターホン
建物のセキュリティ オートロックシステム、センサー付き外部照明、建物内防犯カメラ、共用部
敷地セキュリティ 電動ゲート、エントランスゲート、門扉、敷地内防犯カメラ
その他のセキュリティ セコムホームセキュリティとの提携 SECOM

このページの先頭へ

セキュリティの施工事例

インターホン

建物内防犯カメラ

お問い合わせはこちら フリーダイヤル0120-027-898 FAX047-468-7899 お問い合わせフォームはこちらをクリック

ページの先頭へ戻る